オンラインカジノで稼いだお金に税金はかかるの?決済時に注意するポイント

オンラインカジノと税金のお話

「オンラインカジノで結構儲けちゃった!」

「でも、オンラインカジノで稼いだお金って、税金がかかるのかな?」

「オンラインカジノの儲け金って確定申告に表記しないといけないの?」

今回は、そんなお悩みを持っている人のために、

オンラインカジノと税金についてのお話をしていきたいと思います。

結論からいうと…オンラインカジノで儲けたお金には税金がかかります!

オンラインカジノの儲け金に税金がかかる理由!

儲け金は一時所得に分類される

これには、オンラインカジノで入手したお金が一時所得にあたるということが理由にあります。

一時所得の振り分け

  1. 懸賞や福引きの賞金品、または競馬・競輪の払戻金のこと
  2. 法人から贈与された金品のこと
  3. 生命保険の一時金や損害保険の満期返戻金等のこと
  4. 遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金等のこと

オンラインカジノは「1.懸賞や福引きの賞金品、または競馬・競輪の払戻金のこと」に当てはまります。

「競馬やパチンコには税金がかからないのに、オンラインカジノにかかるのはなんで?」

そう思われる方も多いかもしれません。

競馬・パチンコは獲得金額の証拠が残らないので、政府が税金をとることができないのです。

競馬・パチンコなどの賞金は、現金で受け取るので、税務署が確認できるような記録が残らないことが理由です。

オンラインカジノは銀行振り込み、カード会社の明細など、ネット上のやりとりならではの証拠も残るので税金の対象になります。

一時所得の計算方法

【一時所得】=【収入金額】-【支出金額】-【特別控除額 (最高50万円)】

会社勤めの人でしたら、お給料以外に20万円以上の収入があるならば確定申告が必要です。ただ、50万円まで特別控除額が設定されているので、70万円以上の所得がある場合のみに確定申告は必要となります。

支出金額は負けた分は含まない!

支出金額は買った額のみに課税されます。

負けた金額より、勝った金額を記録して、確定申告に備えておきましょう。

確定申告時に必要な書類

①支払い調書(年始年末時にオンラインカジノサイト側から受け取れます)

②源泉徴収票(勤め先の会社から年始年末に受け取れます)

③経費の領収書(所得が300円以下の場合不要)

支払い調書はカジノサイトに直接問い合わせて受け取るという方法、自分で明細をプリントアウトする方法、自分でつけた帳簿をつかう方法と、様々なものがあります。

もし会社勤めの方で、会社が副業を禁止している場合であれば、住民税徴収票を自宅に届くようにしておきましょう。

確定申告書の2面に、「給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法」の欄の【普通徴収】にチェックを入れることで、自宅に届けてくれます。

確定申告は早めにしておこう!

オンラインカジノによる所得は自身で行なわなければいけないので、税務署に出向く必要があります。

課税対象の時期は1月1日~12月31日となっています。

その翌年になる2月16日から3月15日の間に確定申告を行ってください。

税務署の込み合う時期は最初の週、または最終の週となっていますので、2月の最初、3月の最初の週には簡単に済ませられることができると予想できます。

 

オンラインカジノと税金の関係性、お分かりいただけましたか?

オンラインカジノは自身でアカウント登録をし、自分だけでプレイし、自分で自分のお金を管理する必要のあるギャンブルです。

確定申告も自分で行うことになります。

面倒に思わずに、きちんと計算・自身でしっかり記録して、早めに追われせることがトラブルを招かない秘訣となります。

 

オンラインカジノと税金の関係について学んだら、次はプレイするために決済について学びましょう!

オンラインカジノの決済方法にはいろいろある!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です